2020年03月24日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(62)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(62)
 
「よいか、お前たちには技の幅というものがない。もっと色々な技を遣わなければ、試合には勝てんのやぞ。中学生と違うて高校生なんやから、体力もあるし、瞬発力もいっぱいあるんや。それを上手に遣わなアカンのやぞ。分かったか! 」
「ハイッ! 分かりました! 」
剣持先生は多彩な技を披露し、その遣い方を教えてくれた。特に先生の、胴を打つ技は素晴らしいものだった。このような種々の技を駆使できるようになれば、試合で勝てるかも知れないと思った。だがそれ迄は、相当の訓練が必要であろう。
その時、道場の入口から、安田先生があたふたと入って来た。
「山ノ上。山ノ上は居るか! 」
何事か、ひどく慌てている様子である。
「ハイッ。ここに居ります」
練習の手を止め、面を着けたまま安田先生の前へ進み出た。
「おう、山ノ上。今、電話があってな、おじいさんが危篤やと言うて来たんや。早く帰ってやれっ! 」
「えっ! おじいちゃんがっ! 」
と絶句した。やっぱり心配していた、その時が来たのか。
 剣持先生の方へ顔を向けると、先生は、腕組みをしたまま固い表情で『うん』と頷いた。そして顎を右に振って『早く帰ってやれ』と言う合図を送った。その場で礼をして輪から離れた。防具を外すのももどかしく、その場に置いた。真実子が駆け寄り
「アタシが片付けておくから、早く帰ってあげて! 」
その言葉に片手を挙げて会釈し、手早く着替えて足早に道場を出た。 
 
  

つづく

花冷えの二次願書受付です
IMG_5990[1].JPG
posted by はくすい at 14:23| Comment(0) | 虹のかなた

気まま旅『 その弐〇 高知県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐〇 高知県 その二
 』




カツオのたたき、土佐を代表する味覚です。
調理の途中で酢・塩・二杯酢をかけて 包丁の腹でたたいて味をなじませることから 「タタキ」の名が付いたとされています。

薬味として欠かせないニンニクを厚く切ってのカツオにはさんで食べるのが 本場の流儀だそうです。
春の初カツオと秋の戻りカツオがあり、初カツオは脂が少なく味はさっぱり、戻りカツオは脂がのってもっちり、といった所でしょうか。

高知の旬の時期は3月中旬〜5月、10月〜11月だそうです。大皿の皿鉢料理のように食べ方が豪快なのか、女性よりも男性に人気があるようですね!

高知市内で土佐のよさこい踊りに遭遇しました。徳島の阿波踊りと比較してそれぞれが個性豊かに、一糸乱れぬよさこい踊りには激しささえ感じました。高知県民若者の心意気なのでしょうか!



高知2.jpg
posted by はくすい at 14:14| Comment(0) | 旅だより