2020年02月13日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(55)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(55)
 
五月三日、憲法記念日。病院へ祖父の見舞いに行った。ベッド上の祖父を見て驚いた。まるで死体がそこにあるように見えたのだ。
 顔には血色がなく、目は閉じて動きはない。はだけた寝間着の間からは骨格が目立ち、とても痛々しい。胸が僅かに動くのを見て、まだ大丈夫なんだと安心した。あの恰幅の良い祖父は、どこへ行ってしまったのだろうか。
「おじいちゃん。ホラ、二郎兄いやんが来てるで」
恵美子が祖父の耳元に大声で言った。すると祖父は僅かに目を開いた。
「ジロウ? 二郎が来たんじゃと・・・? ワシは・・・、起きるぞ」
そう言いながら両手を伸ばし、起きあがろうとした。
「おじいちゃん、無理せんでもええで。そのまま寝といて・・・」
心配のあまりそう言ったが、由美が背中を支えて上半身を起こした。
「二郎は元気なんか・・・。剣道、しっかりやってるか。ワシは、お前のことが心配での・・・」
つぶやくように言った。下向き加減なので、耳をそばだてなくては聞き取れないような、か細い声である。
「これから陽気が良くなるからね。無理をせんと、病気を早く治そうね」
祖父の手を取り、耳元で励ますように言った。うつろな表情で前を向いてはいるが、目は焦点が定まっていないようだ。
「ワシはまだ、死ぬわけにはいかんのじゃ。まだまだ・・・」
そこまで聞こえたが、あとはもう何を言っているのか分らなかった。
「おじいちゃん。あんまり喋ると疲れるから、寝ましょうね」
由美が祖父を寝かせた。こんな姿を見るのは忍びない。悲しかった。もう二度と、元気にはならないのだろう。
「おじいちゃん、この前まで元気やったのに、もうあかんのやろか・・・」
恵美子が悲しそうに言った。たまりかねて病院の外へ出た。
『これも運命や。人間はいつかは死ぬんやから、しょうがないんや。おじいちゃんの分まで、自分が生きればいいのだ』そう心に言い聞かせた。

  

つづく

何でも燻します^^
IMG_5724.JPG
posted by はくすい at 15:27| Comment(0) | 虹のかなた

2020年02月04日

『先日のテレビでの感想』 について M38泉谷忠成

「先日のテレビを見て」

先日テレビでパナソニックが今までの電子黒板から大きく進歩改良して新製品の発表。
全国の学校に普及させていくと紹介されていました。
孫たちのアメリカの小・中学校の授業では既にiPad授業必修(結局、買わされてしまったのですが)、その様に日本での授業も大きく変わって行くでしょうね!
同じくそのテレビを見ていた家内(以前大手の電機メーカーに勤務)が、当時社内で「生活の中で何か不便を感じている事はありませんか、どんな事でもいいから提案して下さい」、採用されれば金一封が頂けるとの事で家内は「洗った食器をそのまま食器棚に入れて乾燥させる食器棚があればいいな」と提案したそうです。
当然の如く採用されなかですが、その後食器乾燥機が開発されたようです。
私も車のトヨタが提案を募集していたので応募した事があります、当然無視却下。
まだまだ身の回りで「不便・こんなものが欲しいな」などいくらでもありそうですね!思わぬ発見につながるかもしれませんよ!

以前にもブログしましたが、部署移動でフォーマルウェア担当になった時の素材の欠点・不便から素材開発(発明かも?)に至った事を思い出しているところです。
 身の回りの不便から始まり、こうなったらいいな、ああなったらいいな、その思いが「夢・希望」から出てきたものなら、更にこれ以上の事はありませんね!この事はどこの世界においても同じですね!




靭公園で写した思い出の写真
薔薇.jpg

posted by はくすい at 15:36| Comment(0) | 後輩たちへ

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(54)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(54)
 
剣持先生から『出島商業と練習試合をする』と発表があった。
「お前、まだ一人で住んでいるんか? 苅川に聞いたけど、お前の家は大変なんやな。お父さんが交通事故で入院してるし、お母さんが付き添いで大阪に行ってるらしいな。それで、大丈夫なんか? 」
「ハイ、ありがとうございます。ボクは大丈夫です。すぐ近くに伯父さんの家がありますし、そこでご飯食べさせて貰ってますから心配ありません」
「そうか。それやったら、ええな」
先生は安心したようだった。
 この日を境として、練習は次の段階へと進んだ。ランニングと基本稽古は続行したが、待ちに待った地稽古が加わったのである。先生との地稽古は、歯が立つどころか、全く相手にして貰えないほど翻弄されるのであった。そろそろ剣持先生が本領を発揮してきたのだろうか。
「足運びが悪い」
と言って、竹刀で足やお尻ををビシビシと叩かれる。
「打ち込みがなっとらん」「姿勢が悪い」
注意されるやいなや、竹刀を叩き落とされ、道場の壁に突き飛ばされたり、
床に叩きつけられる、と散々な目に合わされるのであった。
 先生は、素振り用の極太の竹刀を持ち、掛かって行く部員の喉当てや胴の胸をブスブスと突いた。また、手の内がしっかりと締まっている上、太刀筋がまっすぐなので、メンやコテを打たれると恐ろしく痛いのだ。胴を打たれると、衝撃のすごさに一瞬、息が詰まってしまう程であった。
 掛かり稽古は、死に物狂いで向かって行かねばならない。体力を限界まで使い果たし、倒れ込んでもまだ終わらない。揚句の果てには、面をムシリ取られて素面となり、フラフラになっても、まだ竹刀を構えて掛かって行くのだ。女子連中も同様である。『女だから』との特別な配慮など、先生にはないのだった。それ故スリ傷や青アザが絶えなかった。右手首などは、いつもまっ赤に腫れていた。そこで、面下用の手拭いを細く裂き、包帯のようにぐるぐると巻いた。竹刀の打撲を柔らげようとする、苦肉の策なのである。
 先生は、礼儀や言葉遣い、返事の仕方などが大変厳しいのだ。小さな声で返事したり、生意気な言葉を吐いたりすると、鬼瓦のような顔で一喝されるのだ。だが何よりも、最後の礼の後の、先生のやさしさは格別なものであった。稽古中は、苦虫を噛み潰したような恐しい顔をしているが、終ると急に柔和に激変するのだ。その高低差が女生徒たちの人気の的であった。
「アタシね、あの先生、好きやわぁ。とっても可愛いもん。それに、やさしいし・・・。ホントよ」
「なにィ? 可愛いい? やさしい、やて? どこがやねん! あんなコワい顔やのに、どこが可愛いねん。言うてみいや」
恵の言葉に、苅川が憎々しげに顔をしかめて突っ込んだ。
「可愛いいやんか! ねえ草山さん、そう思えへん? あの先生、可愛いいとこあるわよ。ねえ」
「ホント、アタシもそう思うワ。可愛い先生よ、やさしいし・・・。苅川さんは、そうは思わへんの? 」
「みんなそう思ってるのよ。苅川さんは鈍(ドン)やから、分かれへんのやねえ」
真実子及び美紀までも同意見であり、口を揃えて苅川を攻撃した。
「オイオイ、ウチの女子共はどうなってんのや? ワケが分かれへんわ。オレがドンやなんて、アンタら、ちょっと頭がおかしいのとちゃうか? 」
苅川は目を大きく開けて、あきれ顔で嘲笑するように言った。
「あのね、苅川さん。可愛いと言うてるのはネ、あの先生の表情の事を言うてるのよ。ホラ、あの先生、顔が四角いのに笑ったら目が細くなるでしょ。それにエクボが出来るやんか。それが漫画の『ポパイ』みたいで、可愛いと言ってるのよ。分かった? 」
真実子が苅川に説明をした。それでやっと理解出来たらしいのだ。
「なんや、そんなことか。ほんならやな、池上さんはオリーブ・オイルというわけか? 」
「そうよ。アタシはポパイの恋人オリーブ・オイルよ。美人でしょ! 」
頬に手を当てて苅川に近付き、顔を見せて迫った。
「へんっ! 美人が聞いてあきれるわい! 」
ジワジワと後退りをしながら、苅川は憎々しげに鼻の両脇にシワを寄せて言った。そして
「美人は美人でも、鼻がデッカイ人と書いて『鼻人(びじん)』と読むんやぞっ! 分かったか、ざまー見ろっ! 」
くるりと振り返ると走って逃げた。
「ちょっと! 苅川さん、待ちなさい! 」
バタバタと追いかけた。恵と苅川は、いつも楽しく良いコンビである。

  

つづく


ベーコン作ってみました〜❣ ほんのりブランデーの香りが^^
IMG_5694[1].JPG

posted by はくすい at 15:15| Comment(0) | 虹のかなた