2019年12月19日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(45)

その二 悲しみと苦しみ(45)
 
和歌山から阪和線をひた走り、大阪市の南端・天王寺駅に着いた。そこから城東線(現在の大阪環状線)に乗り換えて、大阪駅まで行く。
 大阪駅の中央口から南へ出ると、大きなビルディングが立ち並んでいる。その前に路面電車、いわゆるチンチン電車の停留所が多くある。さすがに大阪駅前には多数の交通機関があり、各方面へと連なっている。駅の東側に大きなデパートがあり、その前からトロリーバスの架線も広がっていた。
「さすが大阪ねえ。ビルが多いし、人出も多いわ。ここにも路面電車があるけど、広島にもあるのよ。アタシ、一度乗ったことあるもの」
「へえーっ、そう。広島にもあるの。けど、大阪の方が多いやろ」
「そりゃそうよ。街の大きさが全然違うからね、仕方ないわよ」
大阪駅前から市電に乗り、土佐堀まで行った。ここから父が入院している大学病院までは近いのだ。
 大阪は昔から『八百八橋』と言われるだけあって、運河が縦横に走っており、その為に橋の数も多いのだ。一箇所に、橋が四方に掛ってる『四つ橋』という所もあるほどである。
 大川の橋を渡った所である。いわゆる中之島なのだが、そこに大学病院はあった。歴史があるだろう病院の壁には、蔦の葉が見事に繁っており、重々しい雰囲気に包まれていた。
 三階の、川に面した外科病棟の一室に、父の名前が書かれてあった。ドアを開けて中に入ると、八人部屋の中頃に父のベッドがあった。今日は祭日なので、ベッドの横には里子の姿もあった。

  

つづく

身体に沁みわたる差し入れです^^
XPUE3298[1].JPG
posted by はくすい at 15:47| Comment(0) | 虹のかなた

気まま旅『 その壱四 鹿児島県 その三 』M38泉谷忠成

『 その壱四 鹿児島県 その三 』桜島 


ある名士の方が、どうしても行きたいところがある、連れて行ってほしいと懇願され、鹿児島県薩摩半島の知覧特攻平和会館にいく事になりました。
車は鹿児島市内で借り一路知覧迄薩摩半島を南下、今のように道路は整備されておらず、山また山を巡って行ったのを記憶しています。
まず道中の鮫島藩知覧武家屋敷を訪れ、昔の武家の生活を学び平和会館に向かいました。

【平和会館の紹介文です】
「太平洋戦争末期の沖縄戦において人類史上類のない爆装飛行機もろとも敵艦に体当たりした陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺書、遺品、記録など貴重な資料を収集・保存・展示して、当時の真情を後世に正しく伝え、世界恒久の平和に寄与するものです。」
胸が詰まって涙涙で語れません。



画像写真で思いを共有してください。
鹿児島3-1.jpg


鹿児島3-2.jpg


鹿児島3-3.jpg

鹿児島3-4.jpg


posted by はくすい at 15:32| Comment(0) | 旅だより