2019年11月28日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(41)

その二 悲しみと苦しみ(41)
 
駅までの間、七人は一塊りになってトボトボと歩いた。体が綿(わた)のように疲れていて、歩くのも喋るのも、おっくうになっていた。海山道場での練習しか知らないのだから、当然と言えよう。
「しんどいなあ・・・。足が棒のようになってしもた。明日(あした)歩けるかなあ」
「そうねえ・・・。アタシ、明日、休むかも知れへんわ」
「そんな情けない話をしないで。アタシはもっと練習するわよ。やっぱり、強くなるには、稽古しかないのよ、これぐらいの練習を毎日しないとアカンのよ。アタシはやるわよ! 」
「そうや。毎日続けたら、体が勝手に付いて行くようになるんや。ゼッタイに強うなれるで。ボクもやるで! 」
とにかく疲れて、意気が消沈しているのを奮い立たせようと、強い口調で言った。そこで考えた。疲れた時は、甘い物が一番だ。
「なあ、みんな。また、あのぜんざいを食べ行こうや。ボクが奢るよ」
財布の中にはアルバイトの給金が、手つかずに残っている。だから七人分の代金ぐらいは大丈夫なのだ。
「えっ! 本当? 本当やの、山ノ上さん! 」
まっ先に、恵が飛び上がって喜んだ。先程の、疲れ切ってげんなりしていた表情は何処へやら、顔がパーッと晴れて一度に元気になったようだ。そのとたん、恵の腹の虫がグーッと鳴った。それを聞きつけた真実子が笑った。
「そうや。みんなで食べに行こう! 」
 甘党の店へドヤドヤと入った。先客が居たので七人は別々に座った。以前と同様に、ぜんざいは抜群に美味しかった。砂糖の甘いその味が血となって流れ、疲れた体全体に染み渡って行くような気がした。
「やっぱり、ここのぜんざいは旨いなあ。おいしいで・・・」
「当たり前や。奢って貰ってるんやから、余計においしいやろ」
「今度は、苅川さんが奢ってね」
「やかましい! この次は池上さんに頼んどくわ。奢ってや、ええやろ」
「アタシは、食べるのが趣味なんよ。他人(ひと)に奢るのなんか、イヤよ」
「そんなら・・・、草山さんにお願いしょうかなあ」
「良いわよ。このアタシが、苅川さんに奢ってあげるわよ」
「えっ! ホンマに? 草山さん、ホンマに驕ってくれるんか? 」
「ええ、そうよ。この次ね。そうやねえ・・・、十年ぐらい先かな? 」
「ナニッ! 十年先やて? そんなん、殺生や! 」
疲れ果てて、喋るのも苦痛だった連中が、アッという間に元気になってしまった。げに恐ろしきは食べ物である。

  

つづく

ピンクの彼岸花
IMG_5145[1].JPG
posted by はくすい at 16:01| Comment(0) | 虹のかなた

気まま旅『 その壱参 福岡県 その二』M38泉谷忠成

『 その壱参 福岡県 その二 』 



「養生訓」およそ300年前の貝原益軒の医術書です。
江戸時代の健康法として当時のベストセラーにもなったそうです。
当時としては85才までの長寿 筑前の国、現在の福岡県生まれ福岡藩士です。益軒は体が弱く幼少のころに虚弱であったことから、読書家となり博識となった、と言われています。
益軒は書物だけにとらわれず自分の足で歩き、目で見て手で触り、あるいは口にすることで確かめるという実証主義的な面を持っていました。また世に益することを旨とし、著書の多くは平易な文体でより多くの人に判るように書かれています。
さらに季節ごとの気温や湿度などの変化に合わせた体調の管理をすることにより、初めて健康な身体での長寿が得られるものとしました。
これらすべてが彼の実体験で、彼の妻もそのままに実践し、晩年も夫婦で福岡から京都など物見遊山の旅に出かけるなど、仲睦まじく長生きしました。旅の記憶を整理しておくことが脳の活性化に役立ち長寿の秘訣と、多くの旅日記を残しています。
旅は王侯貴族の財産よりも価値がある、ともしています。実は私も以前に家内にすすめられるままに、この貝原益軒の「養生訓」を読み感動、益軒の「旅日記」を思い出しながら<ボケ防止>と思ってブログを書かせて頂いているのが正直なところです。毎日<6000歩以上を目標>に挑戦し散歩も続けています。
益軒に学ぶ思いで、日夜努力しています。

「貝原益軒の名言」 命が短ければ天下四海の富を得ても使う時間が無く、どれほどの財産も意味をなさない。自身を律し、健やかに身を保ちて 長命になる事ほど大いなる福はない。


福岡市中央区・金龍寺内
(墓もあります)
貝原益軒.jpg



posted by はくすい at 15:48| Comment(0) | 旅だより

2019年11月21日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(40)

その二 悲しみと苦しみ(40)
 

「あの先生、無茶苦茶キツイやんか。もういやや・・・。こんなん、毎日続いたら、アタシ、死んでしまうわ。やって行く自信あれへんわ」
恵がポロポロと涙を流しながら真実子に訴えた。
「そうやねえ。最初から、飛ばし過ぎやと思うわね。でも頑張ろう・・・。今までが楽やったんよ。大丈夫、すぐ慣れるわよ。よその学校ではこれぐらい当たり前なのよ。みんなやってるのよ」
真実子が恵にやさしく言った。それでも恵の涙はまだ納まらなかった。
「池上さん、今日は特別よ。特別にキツかったんよ。あの先生、本当はもっとやさしいのよ。そやから、辛抱してね」
美紀が取りなすように言った。
「ウソやっ! どこが優しいのよ。特別なんか、あれへんわ! 」
恵が文句を付けた。それほど苦しかったのか。
「ううん、ホントよ。本当なのよ。実はね・・・」
先生は、六人をランニングに出したあと、美紀と二人で話したのであった。この道場を半年前、二郎がたった一人で整備した事。真実子が尾道から来た事。いじめられていた時、三人の男が助けてくれた事。初めて参加した地区大会でボロ負けになった事、などの一部始終を説明したのであった。
 剣持先生は安田先生から聞いていたそうだが、やはり現在のマネージャーに聞くのが一番良いと思ったのである。
「片山、やったな。これからマネージャーとして頑張って貰わねばならんな。今日は初めての稽古やから、優しくやってもええのやけど、それやったらみんながつけ上がるやろ。そやから、キツイ稽古をしてやるぞ。みんな、びっくりするやろ。どれ程耐えられるか、見たいのや。それでもし、誰かの調子が悪くなったら遠慮せんと、お前が面倒を見てやってくれ。俺に気兼ねせんでもええのやぞ、分かったな。俺は、みんなを強うしてやりたいんや」
『そうか。そうやったんか』心の中でつぶやいた。
『やっぱり、剣持先生は素晴らしいのだ』そう思うと、気持ちが晴れた。
「そやけど、ホンマにえげつない練習やったで。オレは心臓が破裂しそうになったんやで。もうこんな練習なんか、せえへんやろな」
不田が苦しそうに言った。
「片山さんが言うたように、今日は特別やったんや。先生はボクらの体力を試しはったんや。ボクらの稽古は甘かったんやと思う。そやから、地区大会なんかで負けてしもたんや。これから、あの先生に付いて行ったら、この次から試合に勝てるようになれるで」
「そうよ、山ノ上さんの言うとおりよ。みんな、頑張りましょうよ、ねえ」
すぐに真実子が支えた。いつもそうなのだ。そんな彼女が頼もしく思えた。
 

  

つづく


息子のリクエストで超高カロリーの夜食ヲ ぶたの素
IMG_5099[1].JPG
posted by はくすい at 15:04| Comment(0) | 虹のかなた