2019年10月01日

白水会報 令和元年号が届いて (A31津田義貞)

白水会会報を発行して1ヵ月経ちましたが、今日こんな嬉しいメールが届きました。
感激ですわーい(嬉しい顔)


『素晴らしい 立派なる 白水会報 令和元年号 ご送付有難うございます。
幾度となく 拝読致しました。 仲間達(A31 1組 古賀学級) 全員にて感慨にふけました。
100 周年まで頑張るぞと!! 又又 青春を 謳歌致しました。 いつもお世話に感謝感激です。

相変わらず 毎月 玉造<大枡>店にて  夕 5時頃より〜〜
31卒の (丑年) 牛一会 8年間 続行中です。
 前社長の教訓をモットーに 「しあわせな人生」邁進しています。


P9191589.jpg



20190927_132930_resized.jpg



*同クラスの 川端真一郎君の お孫さん 向田真優(至学館大)ちゃんが 来夏の東京オリンピック
*五輪切符を獲得致しました。 仲間共々 拍手拍手。 

022A10152A4D470484CD190C1586FE3D.jpg


43BACD85DD654C01BA1A69DB507DAAD4.jpg
 




























私事ですが 2019年8月11日 泉尾工業 窯業科卒 田伏 勉氏の 凛りん会 近鉄あべのハルカス
 11F 美術画廊にて 拝見させて頂きました。 凄い迫力のクレパス画でした 感服!!
 近くに 絹谷幸二氏の 不動明王 (1.520万円) 又又 仰天!!   

                               以上 ご報告まで    津田義貞』

posted by はくすい at 15:01| Comment(0) | 風の便り

『価格』 について M38泉谷忠成

「価格」

今回は価格に対しての一考察を試みたいと思います。

カジュアルの世界では殊に価格志向が進んでいるようですね。私もあるカジュアルショップであまりにも安いのでオーバーシャツを買った事があるのですが、どうも素材感が薄くフラット、気に入らなくてS/Cの中の専門店で買いなおしました。

以前の私の現役の頃を思い出しました。バブルもはじけ環境も厳しくなってきた頃、会社は当然原価率の引き下げを要求してきました。更に競合店では厳しい指示が出ていたようです。(掛け率などの具体的な数字はここでは控えさせていただきます)当然、当社・競合先においても現実的に市場価格に合わせようとすれば、流通ルートの改善にとどまらず、素材の価値を落とさざるを得ない。お互いこんな事をいつまで続けて行かなければならないのかと疑問にさえ思いました。
利益の追求がお客様を忘れてしまう結果、品質面が犠牲になってしまう。
こんな事もありました。ある時、自動織機でウールギャバを生産していたものを、岐阜の工場にお願いして同じ糸で高速織機にて生産。生産コストは明らかに安く原価率の引き下げになるのですが、風合いの違いは明らか。結局今まで通りの生産方式を続けたことを覚えています。着用場面での素材の選択を忘れてはならないと思います。





自動織機
自動織機.jpg
posted by はくすい at 14:42| Comment(0) | 後輩たちへ

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(31)

その二 悲しみと苦しみ(31)
 

伯父の家に一日おきに里子から電話が入った。長距離料金が高いのに、かまわずにキッチリと掛ってくるのであった。
 彼女の言葉は弾んでいた。父の代役の仕事が楽しい様子だ。お得意さんから『旦那の代りに、奥さんが来てくれた』と、今まで以上に信用が上がったとの事。写真用品などの引き合いが多く、売上げも順調である。生き生きと働いている様子が目に見えるようだった。父の方は、体が元々健康であったから回復が早く、夏過ぎに退院出来るだろうとの見通しであった。
「お母はん、良かったなあ。もう少しの辛抱やな。お父はんも元気なようやし、一度、お見舞いに行きたいなあ」
「そうねえ・・・。二郎ちゃんが進級してから、それを報告しに来るというのはどう? お父さん、喜びはるよ」
「そうやな、そうするよ。それがええわ」
受話器の向こうの母の声が、耳に心地良かった。

  

つづく




嫁に食わすな秋茄子、香川県三豊市の『三豊茄子』皮が柔らかくジューシー❣
IMG_4575[1].JPG

posted by はくすい at 14:25| Comment(0) | 虹のかなた

10/1現在、総会参加者進捗情報と参加のお願い!

今日から神無月(10月)になるのにこの暑さexclamationここ数日の残暑のぶり返しで、バテ気味の管理人ですふらふら


総会(10/12)現在の参加人数は只今、71名最低人数80名まであと9名手(グー)になりましたわーい(嬉しい顔)

お楽しみお料理はぴかぴか(新しい)
生ハムとコールドミート盛り合わせ
サーモンの和風カルパッチョ
冷製茶碗蒸し
湯葉とれんこんの和風サラダ
季節の魚 西京焼き
鶏肉の山賊焼き
ローストポーク
炊き込み御飯
グラススイーツ
です
黒ハート
今年は華麗なベリーダンスぴかぴか(新しい)も間近で観られ、抽選会の目玉景品にはゴルフバックがexclamation×2
只今、下記の方が参加して下さります。参加されるけど、お名前が無い方や科・氏名が間違っている方は、事務局までご連絡お願い致します。


【現役先生・OB OG先生】
新宅博生学校長(現)
寺井勝彦教頭(現)
山口修一事務長
西浦俊彦(現)進路指導科長 硬式野球部監督
稲地幸雄(現)機械科科長 硬式野球部顧問

濱中富三(元学校長)
高野國博(A科)
榎本俊和(C科)
上本哲雄(国語)
山野 彰(M科)
木原和子(F科)

【S科】     
    
30巽 昭三  30西村圭一   40田仲稔  43川森愛子
43宮崎美雪  43中島こずえ  44疋田英二      

【D科】
38山本健一  46松本こずゑ  47勝浦典子  48西勢津子  
平01谷口康子  平01砂坂広明   


【C科】  
34妹尾 修  37益田 治   38谷口猛  46永吉盛光
46茨 勝己

【A科】 
28筒井 信  30市山輝夫  33津田福治  36稲葉十四茂
36大月靖基  36岡田政吉  36岡本吉   36小川 勲
36加藤高敏  36丈野輝雄  36林 功   36名小路昌輝
36村井田毅  42山本政和  43朝倉則男  43佐々木和則 
43中 忠一  43嶋浦博人  43津川淑子  43岩田真裕美
43福田時信  45岩倉和男  47三島早苗  47亀岡満四朗
平3竹内敏昭

【M科】 
35金高 武  35宮坂正春  37前川金四郎  38泉谷忠成
41仲尾正輝  41打揚 猛  Xiomara(シオマラ譲 打揚氏の姪)
41玉置憲治  45澤 昭二  46植西輝吉

【E科】
41山口 實   41片山卓治  41玉置憲治   41足立 登   
41福永哲哉   42戸田省吾  42勇崎 務   45金城晴八   
49西 明    52平湯教平  平04桑田勝弘  平21矢合裕介




令和元年度10月12日(土)午後17時〜(受付16時30分〜)
会場:グレースバリ道頓堀ホテル 6階 『ルアン』
道頓堀ベニスビル1パセラリゾーツなんば道頓堀店 1F(専用EV入口) 6F
電話:0120-768-759
大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-27

アクセス
大阪市営地下鉄各なんば駅14番出口 徒歩4分


会費男性:5000円  女性:3000円
平成30・31年卒業生は2000円
  

 
会費入金後でも、総会に参加される方は下記へご連絡下さい。

参加申し込み右矢印1大阪白水会事務局 06(6552)2221
        o-saka_hakusuikai@outlook.com


景品送り先
郵便局551-0031
大阪市大正区泉尾5-16-7
大阪市立泉尾工業高等学校内


posted by はくすい at 13:42| Comment(0) | お願い

会報4頁 山尾先生転任のご挨拶記載間違いと正文

事務局側のミスで白水会会報寄稿文章が間違って記載されました。
今後このような事が無いよう、事務局一同気を引き締めて参りますので、今後ともご指導の程宜しくお願いいたします。

拶山尾先生転任のご挨正文

『泉工魂の底力をいまこそ

泉尾工業高校では多くの皆様方に大変お世話になりましたこと、心より御礼申し上げます。誠に有難うございました。
さて、平成から次の時代は令和になりましたが、これまでの泉尾工業高等学校においても時代の移り変わりがありました。その当時、工業発展のもと大阪における公立の中等工業教育機関の増加により、1922年に甲種工業学校(乙種は職工学校となる)として大阪市立泉尾工業学校(5年制)が創立され、1926年には大阪市立泉尾工業専修学校(夜間課程)が創立されましたが、1935年に廃止となりました。同年、大阪市立泉尾工業第二学校(夜間課程)が創立され(2004年に閉校)、大阪白水会創立総会が開催されてきました。その後、学制改革により、1948年に大阪市立泉尾工業高等学校(3年制)へと改称されました。このことから、泉尾工業学校時代から誇りうる立派な卒業生を輩出させてきたことは事実です。
それから、百周年記念を目前とする今日、その輝かしい歴史と伝統ある泉尾工業学校時代から受け継がれてきた確かな泉工魂の底力が、いまこそ本当の意味で求められている時ではないでしょうか。それは、一人ひとりが先人の英知に学ばせていただいたこと、学ばせていただいていることに誇りと自信を感じ、その喜びと感謝の念をこれからも力強く発信させていくことが本校のみならず、本市における工業系高等学校の現況にも大きく影響を与えうるものと確信しています。
最後になりましたが、これまでがこれからを決めるものではなく、これからがこれまでを決めることを心に留めていただき、大阪白水会会員の皆様方、そして在校生諸君のご健闘ご活躍をお祈り申し上げますとともに、泉尾工を去るにあたりましての挨拶といたします。どうか皆様方ご壮健で。

現 大阪市立東淀工業高等学校 理工学科 山尾 英一
博士(学校教育学:兵庫教育大学)』

posted by はくすい at 12:40| Comment(0) | お詫び