2019年08月27日

封緘作業、無事終了致しました!

ここ数年恒例となりました。『白水会蟹工房』じゃなく『会報封緘作業』が先週8/24(土)10時〜おこなわれ
15名の方が参加して下さいました。
毎年効率が上がり、目標の12時より15分早い11時45分までに終わらせることが出来ましたわーい(嬉しい顔)

又、ブログ『旅だより』でお馴染みのⅯ38泉谷忠成氏から差入を頂きました。
IMG_4435[1].JPG

















その後第15回H・P MTG会議が行われ、プロジェクターを使い新しH・Pの説明を聞きました。

1264通、会員の皆様方の手元に届くのは9月1日前後となります。
今年も総会出欠の返事を振込用紙でチェック致しますので、総会に参加される方は参加に〇印ヲ
exclamation×2



E42戸田会長、S48木原副会長、S30西村氏、巽氏、S40田仲氏、D38山本氏、D47勝浦氏、C38谷口氏、A28筒井氏、A43朝倉氏、A平3竹内氏、A平7矢田氏、M45澤氏、M48稲地先生、E41山口氏 ありがとうございますexclamation
IMG_4436[1].JPG


今日、集荷しましたexclamation
IMG_4438[1].JPG
posted by はくすい at 16:14| Comment(1) | ご報告

2019年08月20日

気まま旅『 その壱四 奈良県 その一 』M38泉谷忠成

その壱四 奈良県 その一 』 


妹が奈良県在住でもあり、その妹からいい温泉がある、遠いけどきっと喜ぶと思うよ、と言うのでつい最近行ってきました。
入之波温泉(しおのはおんせん)、そこは吉野山から更に山奥 バラック小屋のような温泉(ちょっと失礼か)で食事もできるようになっていました。
湯量が豊富でゆっくりと体を温め食事に。鹿肉の刺身にいのしし丼、食事の米は温泉の湯で炊いているとの事、もち米を混ぜているような感触でした。

妹から言われていた通り、大きなペットボトルを数本持って行き温泉の湯をたっぷり頂いて帰りました。
管理人さんの話では、皆さんたっぷり温泉の湯を持って帰られます、難病の方もここの湯で快方に向かわれた、と多くの方に喜んでもらっています、との事。
いい温泉に巡り合う事が出来ました。そこの温泉で面白い言葉が飾ってあったので写してきました。

 



1奈良.jpg



奈良2.jpg







posted by はくすい at 15:31| Comment(0) | 旅だより

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(28)

その二 悲しみと苦しみ(28)
 

由美と恵美子と食卓を囲んだ。主人の恵介は寄り合いだとかで留守であった。恵美子が耳元で言った。
「おじいちゃん、入院するかも知れへんて、お母はんが言うてたよ。ウチ、びっくりしたわ」
「えっ、ホンマに? どんな病気やの? 」
その会話に気付いた由美が、横から言った。
「それが、良く分からへんらしいのよ。お腹の中に腫れ物が出来てるって、先生が言うたのよ。そやから、お腹が張って痛みがひどいらしいの」
『お腹の中の腫れ物』とは、どんな物なのだろう。どうすればその病気が治るのだろうか。
「それで、いつ入院するんですか? 」
「まだ、分からへんのよ。ベッドが一杯なんで、空くのを待っているんよ」
「そうか・・・。大変やなあ・・・」
食後、離れへ見舞いに行った。祖父は眠っていたが、その寝顔を見て愕然となった。ひどい変貌ぶりだ。頬はゲッソリと痩せ落ちて、まるで死人のように見えた。昨年の夏、海山道場を整理するのに喜んで力を貸してくれた、あの頑丈そうな風格がまるで抜け落ちている。呼吸の度に胸がかすかに動くので、生きているのには間違いがないが、顔にはまったく精気がない。
「おじいちゃん・・・」
呆然と立ち尽くし、言葉に詰まった。熱い思いが胸にこみ上げてきて、両方の目から涙がポロポロと流れた。黙って頭を下げると部屋を出た。 
 試験の最中、祖父は病院へ入院して行った。

  

つづく

何処の五重塔?
IMG_4366[1].JPG


posted by はくすい at 15:10| Comment(0) | 虹のかなた