2019年06月25日

気まま旅『 その壱参 三重県 その一 』M38泉谷忠成

その壱参 三重県 その一 』 



私の母は三重県名張市の出身、少し名張市の事を紹介したいと思います。
まず意外に知られていないのが、能を大成した観阿弥・世阿弥じゃないかと思います。
名張市伊賀服部氏一族の家系で観阿弥の父は伊賀の服部氏一族の武士であった。
観阿弥が息子の世阿弥とともに演じた猿楽能を足利義満が見物、以降、将軍はじめ有力武家、公家らの愛顧を得、観阿弥が率いる観世一座は幕府のお抱え的存在とみなされるようになりました。息子の世阿弥とともに、能を大成した人物です。

次にあまりにも有名な、伊賀忍者の事になりますが、私の子供の頃母親に連れられて母方の実家に何度か行きました。
そこでは表通りと裏通りの家には壁がなく繋がっており、その間には細い用水路の様なものがあって水が流れていました。
又、水路に沿って隣にもつながっており、表から侵入者が来れば、縦横無尽に逃げることが出来る、然も飲み水も確保できる、とした構造になっていました。
忍者屋敷があまりにも有名ですが、生活の場面でもこのような構造になっている事はあまり知られていないようですね。

伊賀上野市出身の松尾芭蕉
「野ざらし紀行」の旅 「奥の細道」の旅がよく知られています。旅好きの私には尊敬と共に単純に嬉しい!
芭蕉は未知の国々を巡る旅で、名所旧跡を辿り、多くの名句を詠まれました。

〇夏草や兵どもが夢の跡 (岩手県平泉町)
〇さびしさや岩にしみ入る蝉の声 (山形県・立石寺)
〇五月雨をあつめて早し最上川 (山形県大石田町)
〇荒海や佐渡によこたふ天河 (新潟県出雲崎町 )



松尾芭蕉生誕記念の俳聖殿
松尾芭蕉生誕記念の俳聖殿.jpg
posted by はくすい at 15:56| Comment(0) | 旅だより

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(24)

その二 悲しみと苦しみ(24)
 

放課後の海山道場で
「草山さん、今朝はゴメンな。伯父さん家(ち)へ行ってたんで遅れたんや」
大き目の声で言った。廻りの者に聞こえるようにしたのだ。
「良いのよ。アタシは聞いていたわよ。大阪へ行きはったっんでしょ? 」
「草山さん、その話、聞いてたん? 」
恵が問いかけた。
「うん、そうよ。大阪へ行って来ますから、宜しくって」
「ふうん。ねえ草山さん、山ノ上さんったらねえ『女子生徒に会うてたから遅れた』って言うたのよ。アタシ、びっくりしたんよ」
「あら、そう。その女子生徒って、恵美子ちゃんでしょ。すぐに分かるわよ」
「なんや、草山さん、知ってたんか。つまらんなあ・・・」
苅川はさも残念そうだった。もっと驚いて欲しいかったのに、スンナリと躬(かわ)されたので拍子抜けになった。その時、不田と井仲がそばへよって来た。
「なんや、どないしたんや? なにかあったんか。オレらにも教えてえな」
「あのな、実はな・・・」
苅川が今朝の顛末を説明した。女子生徒に及んだ時、不田と井仲は突然、ゲラゲラと笑い出した。
「ワッハッハッハ。こらあ面白い。山ノ上の一本勝ちやな。アンタらなあ、もっと人間をよう見なアカンでェ。この男はそんなんと違うで! 」
不田は言った。人を見る目を持っていると言う口振りであった。
「それより、試験の方がずっと大事でしょ。アタシも頑張らなくっちゃ」
美紀が口を挟んだ。今度の試験を突破しなければ、それぞれが希望している大学への道が困難になるかも知れないのだ。
「もう帰ろうや。明日(あした)からの試験を頑張って良い成績を取ろうぜ」
その言葉に全員が頷いた。

  

つづく

何列車か?分かるかな〜
IMG_3678.JPG
posted by はくすい at 15:49| Comment(0) | 虹のかなた