2019年05月07日

5/3(金)中之島祭りのお礼

会員の皆さんゴールデンウィークは有意義に過ごされましたか?
管理人は前半、田舎体験、饂飩県でうどん爆食、後半は中之島祭り右矢印1その後死んだ右矢印1バイトにゴロゴロ過ごすでしたわーい(嬉しい顔)
5/3(金)の中之島祭りは晴天に恵まれ晴れ汗だくで4曲踊り切りましたあせあせ(飛び散る汗)
応援に来て下った白水会の先輩方、暑い中本当にありがとうございます黒ハート



徳島三好市山城町
IMG_4193[1].JPG





綿谷
58680895_1102901986577692_2645605554034049024_n.jpg






中之島祭り
IMG_2931[1].JPG
posted by はくすい at 16:12| Comment(0) | 私ごと

気まま旅『 その壱九 岐阜県三 』M38泉谷忠成

『 岐阜県その三 』 



岐阜から北陸へ、よく行きました。まずは郡上八幡へ、そこでは何といっても夜通し踊り続ける郡上踊りが、あまりにも有名です。
地元の名士の方から良く誘われましたが、とうとう行けずじまいになってしまいました。
 更に御母衣ダムへ(ロックフィルダム、岩石や土砂を積み上げて建設するダム)では国内を代表する規模で、かなりの年数をかけて造ったとお聞きしました。
ダム傍、道路わきの荘川桜(樹齢450年は見事)を見て白川郷(合掌造り)へ、ここでは九州の経営者が集っての懇親会があり、私も参加させていただきました。和善の食事で、しかも最高のロケーションでした。更に富山県五箇山地方(相倉合掌造り・菅沼合掌造り)へと続きます。
相倉・菅沼では白川郷に比較して規模は小さくなりますが、生活感があり風情は充分に楽しめます。車は更に富山県に入り能登半島につながっているのですが、かなりの長距離になります。
見ごたえは充分、ただ道が狭いので雪解け用トンネル内では観光バスなどくれば対通行不能。今は高速道路が通っているのでご安心ください。





白川合掌造り 
白河郷.jpg
        


郡上踊り
郡上踊り.jpg

posted by はくすい at 15:52| Comment(0) | 旅だより

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(15)

その二 悲しみと苦しみ(15)
 



二月の中旬、段位審査要領が発表された。現在一級を持っている上級生の浦山、石坂。それに苅川の三人は初段を、そして二郎と真実子は二段をそれぞれ受験するのである。
 段位審査には、『実技』『剣道形』『学科』の三項目がある。昇段するにはその全てに合格せねばならない。
 二郎が受検する二段の場合、実技は同等の相手と対戦するのだ。試合ではなく、稽古である。その対戦の中で、受験者がどれ程の技術を持っているのか、その段位に相応しい技量を持っているか、を審査の先生方五人に見て頂くのである。そしてその五人の審査員の内、三人以上に『良し』と認めて頂いたら、実技は合格となるのである。
 次は日本剣道形である。形は、太刀七本・小太刀三本の計十本が制定されている。初段は太刀三本目まで、二段は同五本目までを木刀を使用し、同じ審査員の前で演じるのである。そして最後に学科の試験がある。但し、最初の実技試験に合格しなければ、形と学科は受験出来ないのである。
 その日から、段位審査(昇段試験)を想定しての練習を開始した。ただ、心配しているのは、指導してくれる先生が居ない事実であった。剣道の教則本を見て自分たちで工夫したが、実際の技術となると仲々うまく行かないのだった。剣道形にしても同様に、技の理合いが理解しにくい。足の運び方やその動作・所作が、理論に叶っているのかどうか、定かではないのだ。
「指導してくれる先生が欲しい・・・」
願いは切実なものであった。


  

つづく



連休の前半は高知に苺狩り❣40個食べました( ̄ー ̄)
IMG_3422[1].JPG
posted by はくすい at 15:45| Comment(0) | 虹のかなた

来週5/16(木)は第97回体育祭!

今日は昼から体育祭応援の練習でした。
各科、懸命に声を張り上げ校歌、科歌を練習していました。
本番は5/16(木)9時〜です。
都合の良い先輩方は是非観戦に来て下さい。
目玉の応援合戦は昼からになります。



IMG_3010[1].JPG



IMG_3008[1].JPG
posted by はくすい at 15:39| Comment(0) | お知らせ