2019年02月21日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(101)

その一 異郷の空へ(101)
 

年末の駅は閑散として、人影は少なかった。晴れ上がった空が清々しい。だが冷たい風が流れており、ピリピリと肌を刺している。周りの山々には、名物のみかん畑が段々と重なっていて気持ちが良い。 
 やがて汽車が到着した。父・武二郎に会うのは久し振りである。この町へ母子(おやこ)が来てから父は、一度も来てはいなかった。自宅を手放なす程、事業に苦労していたから、妻の実家へは顔を出しにくい事情はよく解かるのだが、今迄に一度か二度は顔を見せて欲しかった。そう思っていたのである。
 三両目のデッキから父が降りてきた。両手に大きな荷物を持っていて、さも重そうにしながら、ゆっくりと改札口へ歩いて来た。
「おはようございます! 」
先に声を掛けたのは里子であった。改札口を通りながら父は
「おう! お早う! 」
と応えて右手を挙げようとしたが、荷物が重いのか半分ほどしか挙がらなかった。父の顔は血色が良くて、元気そうだ。上等の洋服を着たその姿は、大阪で苦労している様子など微塵も感じさせなかった。
「お父はん、お帰り」
声を掛けて、父の左手から大きな荷物を受け取った。ズシリと重い大きな鞄であった。里子は喜びを隠しきれない表情で、そっと夫に寄り添った。半年振りの再会であった。父から母宛に、手紙が毎月の様に届いてるのは知っていたが、今こうして、この駅で父を出迎えるのは、初めてであった。
「二郎、これを頼むぞ」
「うん、分かった」
チッキで届いた荷物を取りに行った。これも大きな鞄が二ツであった。


  

つづく


春近し・・・
IMG_2114[1].JPG
posted by はくすい at 15:57| Comment(0) | 虹のかなた

2019年02月19日

気まま旅『 その壱〇 長野県 その壱 』M38泉谷忠成



家内の友人が奥志賀に居るとの事で、家内に誘われるままに尋ねました。
新潟県のほぼ県境にある野沢温泉に、そこでは13の外湯共同温泉があり全て無料は嬉しい。
実際は三か所回っただけで、それ以上はいけませんでした。落ち着いた雰囲気で心安らぐ温泉街でした。
大阪から、かなりハードなドライブ、その夜は友人の紹介で、温泉街の山手にあるペンションに泊まることにしました。そこは元スキーヤーのオリンピック選手の経営するペンションで大きなガラス張りの外はお花畑、一寸(かなり)うれしいペンションでした。
そこのオーナーに今度は是非とも子供たちを連れて来ると約束しましたが、何しろ遠い、現在まだ約束を果たせていません。今度は私の友人のいる山之内町湯田中に向かいました。
野沢温泉を出発して、ふと気が付いた時、ガソリンのメモリがかなり減っていることに気が付きました。
よりにもよって山道の一本道、行けども行けども家の姿も車の往来も全くなし、次の町までおよそ30K近く、焦りました。途中野外コンサート会場があり、ほっとしましたが、よりにもよって当日は休み。
車窓は見事な全山紅葉(UPしているのは私の記念すべき写真です)、いい思い出を作りました。しかし気持ちは焦るばかり、何とか志賀高原についた時には、殆どガソケツの状態、景色を楽しむ余裕は全くありませんでした。事前のチェックが大切なことを思い知らされました。
志賀高原でガソリン補給、山之内町湯田中に戻ってきました。
湯田中温泉は長期滞在型の保養温泉施設が何軒かありました。素泊まり3500円程で食事などは全て自炊、温泉施設には自炊設備が揃い、近くにスーパーもありで、時間に追われることのない、ゆったりした保養もいいですね。
泊まるふりして見学、私たちは日帰り温泉に、ゆったり保養を楽しみました。
歴史のある温泉街で、温泉街そのものの規模はそれほどでもないですが、一つ一つの温泉は規模が大きく湯量たっぷりの温泉揃いでした。
少し足を延ばし小布施に小布施の栗菓子は超有名、お値段は少しお高いですが、大きな栗に少しは満足でした。




長野県.jpg



長野県1.jpg

posted by はくすい at 15:38| Comment(0) | 旅だより

祝!連載100回 M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(100)

その一 異郷の空へ(100)ぴかぴか(新しい)
 

駅前で別れ、汽車に乗った。客室に入ると、真実子はコートを脱いだ。ごく自然な行動であったが、その後ろ姿の、白いうなじを目にして心に強い衝撃を受けた。胸がキュンと鳴った。
『うわっ! メッチャ綺麗やんか! 』思わず口の中でつぶやいた。苅川の存在は気にならなかった。気付いたのか、真実子が怪訝な顔で首を傾(かし)げた。「どうしたの? 山ノ上さん。アタシの顔になにか付いているの? 」
「いや、なんでもないんや」
「そうお? けど、なんかヘンやわ。おかしいわよ」
真実子はジッと二郎を見た。どうしょうかと思ったが
「うん。ホンマはねえ、今日の草山さんは、えらい綺麗やなあ・・・、と思うて、見取れてたんや」
本当に思っていることを口に出した。
「マアッ! 山ノ上さんって、急にナニを言い出すのよっ! 苅川さんもここに居るのに、アタシ、恥ずかしいやんか! 」
右手を振り上げて、叩くような仕草で、恥ずかしそうに言った。上目使いで紅潮したその顔が、又もや可愛いと思うのだった。
「オイオイ、ここは公衆の面前やで。そんな話は降りてからにしてや。オレには迷惑やで」
プイと横を向きながら苅川が言った。だが彼は、この二人が仲が良いのは以前から良く知っているし、そうあるべきだと思っているのだ。
帰ると母が縁側の掃除をしていた。『オヤ? 』と気付いた。それは、母が鼻歌を口づさんでいるのだ。母の歌声などは、長い間聞いていなかった。この町に来て以来、慎ましやかにして懸命に生活してきた彼女にとって、鼻歌など忘れた行為だったのかも知れない。
「あら、二郎ちゃん、お帰り。今日は早かったのね」
「うん。稽古納めやったんや。明日(あした)から練習も休みやねん」
「そう、よかったわねえ」
雑巾を絞りながら、言葉を続けた。
「さっき、伯父さんの店へ電話があってね、明日(あした)、お父さんが帰って来はるのよ。お正月はずーっと、このお家(うち)に居たはるんやて」
思い掛けない良い知らせであった。それに連泊とは、嬉しい限りである。
「えっ! 本当! お父はんが帰って来はんの。それは嬉しいなあ。久しぶりやもんなぁ・・・。そんで、仕事はうまいこと行ってるんやろか? 」
「ええ、悪くはないそうよ。結構、利益があるって言うてはったわよ。十一時の汽車や、と言うてはったから、一緒に駅までお迎えに行こうかねえ」
「あっ、それええな。そやけど、お母はんの仕事はええのんか? 」
仕事とは、映画館のキップ切りである。当時、こんな田舎の映画館では一ヶ月の内、半分ほどの日数しか営業していなかった。また、お正月も元旦から三日間は休業で、四日からの上映であった。
「ええのよ。劇場はお休みやから、大丈夫よ」
「そうか、それやったらええな」
「明日、お餅付きがあるのよ。それが終ってから、一緒に駅まで行こうよね」
「ウン、分かった。十一時の汽車やな」
やっと、母の鼻歌の原因が分かった。半年ぶりに夫に会えるのだから、嬉しいのは当然であろう。
十二月三十日。祖父の家で餅つきを行なった。今年は山ノ上家の分が増えたので、昨年よりは量が多くなったそうだ。だが二郎という男手が加わったので、早く終った。父を迎えに行くのに、丁度よい時刻であった。

  

つづく


 何城かな?
IMG_2072[1].JPG
posted by はくすい at 15:24| Comment(0) | 虹のかなた