2018年11月22日

F科後輩達へ(7頁目) M38泉谷忠成

「イタリアデザイナーと直接提携 専門店造り 」

会社のトップから、イタリアのデザイナーと直接提携するとの話、小売り屋が海外のデザイナーと直接提携するのは当社が初めての試みで、日本経済新聞にも少しですが1頁目に記事が載せられました。
会社としても後に引けない、当然現場は逃げまくり、私の方に話が回ってきました。

ひそかに夢を持っていただけに、私はその話を受けることにしました。上司からは「突っ込むのは片足だけにしとけよ、どうせ失敗するのだから」と、早速提携調印の話、京都嵐山の元川崎男爵亭で社長以下勢ぞろい、先方はデザイナーとご主人のEU州会議員とともに来日、提携調印と同時に嵐山を望む大きな庭園を二羽の純白のコウノトリが庭園を横切って行きました、そのデザイナーは「オー」と歓声をあげられたのが印象的でした。
企画室長として、早速作業開始です。まず専門店を立ち上げてきて丁度、定年退職した所のベテランに協力依頼。デザイナー兼パターンナーを募集、有名専門店向け大手アパレルメーカーのチーフデザイナー採用を中心に数名で構成しました。店舗設計、出店交渉、更に一番重要な販売員の引き抜き、これが大変な作業でした。余談ですが、販売員(ファッションアドバイザー)の面接では、
@背筋がしゃんと伸びている人(前向きな人)
A少し落とした話の投げかけに乗りすぎるのはだめ、さらりとかわせられる人(お客様とうまく付き合える人)。などをポイントにしました。
※企業によってそれぞれ捉え方は違います。

販売トレーナーも日本を代表する専門店の販売トレーナーを週二回で来てもらうことにしました。
そこでは接客の在り方をしっかり学びました。後はデザイナーのイメージを崩さず日本人向けにどの様にアレンジしていくかの作業になりました。

出店も進み店舗運営・売上もほぼ順調に進められたと思っています。しかし、いくら会社の政策とは言え、初期投資資金の回収には苦戦しました。

若手に後を譲り部署移動した後、全国のお店を支援していく仕事に。
そこでは、仕事を通して全国津々浦々巡回、友人を全国に持つことが出来ました。

私の経験を一方的にお話ししましたが、ファッション工学科の皆さん、何か一つでも参考にしていただくか、笑い話のネタにでもして頂ければ幸いに思っています。


フィリピン
フィリピン3.jpg



韓国
韓国.jpg



posted by はくすい at 15:39| Comment(0) | 後輩たちへ

2018年11月20日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(79)

その一 異郷の空へ(79)
 

三日ほどの後、安田先生の要望により、久々に面を着けた。それは、草山真実子との立会いを見たい、と言ったからである。真美子は初段である。だから、彼女と立ち会うには二郎が最適なのだ。
二人は稽古用の防具ではなく、自前のものを用いた。真実子は白の稽古着に紺の袴を着用し、胴は目にも鮮やかな赤色であった。長身のその凛々しい姿に、部員たちは目を見張った。
双方、九歩の間合いで向かい合い、礼をする。それから大きく三歩前進して竹刀を構え、蹲踞の姿勢を取る。そして立会いである。
先ず「切り返し」をしたのだが、真実子の竹刀を受けて、アッと驚いた。それは見事に素直な切り返しであった。高く、長い発声と共に左右のメンを打つ時、左手が頭上より高くあり、大きく振りかぶっているのだ。また、振り下ろす大刀筋が、まっすぐで、切れが良い。
『これはすごい・・・』彼は心の中でつぶやいた。
 稽古になると真実子の打ち込みは鋭く、何度となく打たれた。二郎はメン打ちが得意であった。だから、何度も打って出た。それに対する真実子の竹刀の先は、ものの見事に胴を打ち、コテを押さえたのであった。
 僅か、三分間ほどの短かい立会いであったが、面を外した顔面は、汗でぐっしょりと濡れていた。これだけの汗が出ると言うのは、真実子との立会いに、それ程までの緊張感と運動量があったのだ。
『これからは、良い稽古が出来るぞ・・・』心の中で唸った。
 安田先生は二人の立ち会いを見て、大いに満足であった。先生は実は格闘技である剣道が大好きなのである。試合を見ても緊張感があって楽しいし、打突がはっきりしているので勝負が分り易い。礼儀が正しくて端正である。それに、友人には出島商業の古山先生や、南野工業の辻川先生のような剣道の指導者が多い。それだけに、剣道の技に対する目が肥えているのだ。


  

つづく



北欧のパンケーキは巨大クレープでした黄ハート
IMG_1223[1].JPG

posted by はくすい at 15:26| Comment(0) | 虹のかなた

F科後輩達へ(6頁目) M38泉谷忠成

「ブラックフォーマルウェアを担当」


当時は黒の葬式服のみ、全く魅力なし。まず最初に手掛けたことは、東レと組んでファッショングレードではなくシチュエーション別(どこで着用するかの場別)のコンセプト作り、ファッションブラックの位置づけを明確にしました。又、葬儀・パーティなどそれぞれのマニュアルも作成しました。

売り場では@素材の黒の出方が微妙に違う(赤系・茶系)などポリエステルの原料は石油の為、圧力釜でも均一の色が染まらない。
Aポリエステル素材の風合いが気に入らない
Bトリアセテートは純黒の表現は出来るがダラっと伸びる
Cパーティ服などあってもいいのではないか、などなど。
まず私は東レにポリエステルで均一の黒が出せるように要請しましたが、それは不可能。帝人に要請、そこでも不可能。

私は中国での経験から絹の特徴である中空異形断面糸ではと、帝人に提案、「出来ました」とうれしい報告が入りました。均一な純黒と同時にソフトな風合いも実現できました。
帝人から共同開発としての申し入れもありましたが、会社に報告すると「なんやそれ、それがどうしてん」で終わり、当時はそんなもの。
更に私が懇意にしていた、東京スタイルにファッションブラックを提案しましたが考え方の違いで話は進まなかったので、岐阜のアパレルメーカーのデザイナー(東京の好感度のアパレルメーカーに勤務されていたが結婚を前提に岐阜で再就職されていた)と東京での市場調査に、黒でのサンプルアップそして製品化、その商品が大ヒット。一気にファッションブラックへの人気が高まりました。
おしゃれな黒のフォーマルが続々誕生。
岐阜のアパレルメーカーはフォーマルで大きく飛躍。一気に当社のフォーマル部門の売り上げも100億突破、繊維小売新聞でも名前入りで全紙に大きく紹介して頂きました。
しかし私には果たしていない夢がありました。それはシルクロードの淵源地イタリアローマと商いをする事でした。


次号に続く



フィリピン
フィリピン1.jpg


EPSON001.jpg
posted by はくすい at 14:55| Comment(0) | 後輩たちへ