2018年10月30日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(74)

その一 異郷の空へ(74)
 


 三日後。いつもの通学列車に乗った。その車両の中で、隣家の草山親子に出会った。思い掛けない再会だったので驚いた。
「山ノ上さん。おはようございます」
先に声を掛けたのは、娘の真実子であった。尾道市の学校で着ていたであろう見慣れぬ制服の姿であった。慌ててペコリと頭を下げたが、口はゴモゴモとして言葉にはならなかった。
「実はね、この娘(こ)は、海山高校へ転入することになったんですよ」
ニコニコとしながら、母親が言った。
『ああ、やっぱりそうなのか』と思った。
「一昨日(おととい)、前の学校から手紙が来ましてね。書類を海山高校へ送ってあるので、試験を受けなさいって通知があったんですよ。それで昨日、海山高校へ行って、決まったんです」
「そうなんです。アタシも心配やったんですけど、山ノ上さんと同じ学校へ行けるようになって、嬉しいわ」
気嫌良く話す、草山親子の表情は明るかった。
 知人のいない田舎の町へ来た親子にとって、一人でも知り合い(と言えるかどうか)が居るとなれば、少しでも心丈夫なのだろう。
「そうですか、ボクと同じ学校ですか。それは楽しいですね」
と本音を言った。この草山真実子と話すのは何故かしら、とても楽な気分であった。彼女とは、三日前に一度会っただけなのだが、再び言葉を交わしてみると、以前からの友人のような感じがするのだった。長岡奈々子に対して起こるような『顔面紅潮』『脈拍上昇』『脳内空白』などにはならないのだ。
「昨日、分かったんですけど、海山高校って随分古い学校なんですねえ。前の学校もそうでしたけど、だいぶ違うみたい。古い、という事は、それだけ歴史があるんですよねえ。アタシ、古い学校って興味があるんですよ」
真実子の言葉には含蓄があった。初めて海山高校へ行った時、そのような事を考えたであろうか。そう思うと少し恥ずかしく感じた。
「そうなんですよ。校舎も古いけど、それに負けへんぐらい古い先生も居てはるよ」
もう少しマシな、内容のある言葉を言いたいのに、口から出てこない。それがじれったかった。
 この車両には、海山高校の生徒が何人も乗っている。同じクラスの生徒としては苅川(かりかわ)純夫(すみお)と言う、細く骨張ばった男が居た。


  

つづく


のんびりと姫路城お堀周りの遊覧30分(A31津田義貞氏撮影)
のんびりとお堀周りの遊覧30分.jpg
posted by はくすい at 15:31| Comment(0) | 虹のかなた

11/3(土)硬式テニス部OG・OB会、参加予定者!

今週11/3(土)は硬式テニス部OG・OB会ですぴかぴか(新しい)
今年は1年半ぶりですが、参加者も少なく残念ですもうやだ〜(悲しい顔)
只今の参加者をご報告します。会いたい方のお名前があったら今からでも是非、申込みして下さいexclamation×2


上本哲雄先生、西本善行先生
A38木村美司、M43酒井志郎、S45丸山節子、A47森井芳樹、大野弘子、M59国本雄大、c60長谷川峰子、A60上野宗之、篠原力男、E60斎藤昭、M62山岡浩二、A63洞口昌也、甲斐信幸
A32今井弘(陸上部)

日時:平成30年11月3日(土)祝日マーク
一次会右矢印1 11:00〜15:00
     場所:泉尾工業高校テニスコート(大正高校前に4面)
     会費:参加費500円(ボール代等)
        弁当代500円(要る場合)
       ※見学の場合は会費は無しです。

二次会右矢印1 同日18:00〜
     場所:たつ味(焼肉)S47高安氏のお店を貸切
     住所:大阪市港区夕凪1-17-3
     TEL:06(6574)8064
     会費:男性4500円 女性4000円(飲み放題)

申込み先→大阪白水会事務局 06(6552)2221
o-saka_hakusuikai@outlook.com


posted by はくすい at 15:16| Comment(0) | ご報告

F科後輩達へ(1頁目) M38泉谷忠成

ファッション工学科の皆さんに期待

先日、ガイアの夜明けの中で婦人服専門店(新宿アルタDoCLASSE)の紹介番組で女性社長さんの一言が私の興味を引きました。それは最近「お客様が欲しいと思うものがない、私はそれを提案したい」というものでした。
それは私も同じで家内に買って着せてあげたい、ところがミッシー・ミセスの品揃えが非常に弱くなっている、と感ぜざるをえません。(※レリアン・コムサ・子供服ではファミリアなど素晴らしいお店はたくさんあります)

店頭ではカジュアルが主体で値頃感の定番服・洋品の単品主体(※今はまだまだカジュアル全盛)、店頭のウィンドウを見ても目を引くものがない、ファッションは先を見通すと言われているだけに、明るく楽しくなるようなソフトエレガンス・シンプルエレガンス・フェミニンなどが店頭をにぎわすようになることを楽しみしています。カラーもパステル・ブライト・ビビッドカラーなどが多く見られるようになれば、世の中の先行きも楽しくなってくるのですがね!

ファッションは世の中を先読みする、と言われています。夢を追って行きたいですね!
社長さんは店頭のメインディスプレーの事にも言及していました。そこでも社長さんは大手カジュアル専門店から引き抜いたトップ店長さんに注意をしていました。
店の前を通っても目を止めるディスプレーがなされていない、これではお客様は立ち止まって店内に入ってこられません、とも。又、カラーの事も注意されていました。更に店長はオープン時の売り上げが予定を下回った為、バーゲンを早めるとの話から、社長さんはその前にしていかなければならない事がある、と話していました。私からすれば社長さんの話は素晴らしく、その通りだと思います。
@メインディスプレーでお客様の注目を引く
Aサブディスプレーでは興味引くカラーを見せていく
Bお客様が目を止めた色を覚えておき店内でどちらにしようか、と迷った時に最初に目を止めた色に近いものをすすめてみる
C店内ではファッションアドバイザイザーは正面に向かって立たず半歩引いて立ち、お客様が入りやすくする、決して構えない等々、更に新店(ショップ)出店後のコンセプトは簡単には変えない。商品政策・出店政策(拡張・退店など)の検討・変更は13カ月(4シーズンを一巡)を経過してから検討判断していく。私も新店の出店に悩んできただけに素晴らしい社長さんだと思いました。

※次号に続く



IMG_0470.JPG


posted by はくすい at 14:29| Comment(0) | 後輩たちへ