2018年07月10日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ㊿

その一 異郷の空へ㊿
 

三日目になると、稽古着が酷く汗臭くなった。汗で濡れ、一晩中干しても乾かない。それに、塩の結晶が縞模様となっている。
 生乾きの稽古着を再び着る時の、気持ち悪さは酷いものだ。自分の汗が原因なのだから、避ける訳にはいかない。
 そこで一考した。汗を吸った稽古着なら、洗えば良いのだ。水で濡れている方が、よっぽどマシであるに違いない。そう思った。
 夕方の練習後、稽古着を洗い場で洗った。水を流しながら、両足で交互に踏みつけて洗った。その行動に気付いた部員たちも、見習って洗った。そしてワイワイと言いながら、ギリギリと絞り合った。
 案の定、一晩干しても半乾きだが、見事に匂いと塩分が消えていた。それが随分と気持ち良かった。
 五日目の午後。古山先生の発案で、三年生を除く全員で部内試合をした。一年生の部では、例の三人を含めて六人となった。
 嬉しかった。そして大いに燃えた。高校生となっての初試合なのだ。これは二郎の実力を試そうとする、先生の差し金である。
 試合の結果、三勝一敗一引き分けとなり、二位となった。例の三人だが、角山には惜敗したが山渕には快勝し、坂寺とは引き分けた。自分の思った以上の成績だった。
「イヤーッ、山ノ上君。アンタは強いなァ。ワイは見事にやられたで」
汗を拭きながら山渕が話し掛けてきた。
「いや、まぐれで勝てただけやで。ボクのコテより、アンタのメンの方が早かったと思うけどなァ」
少し謙遜して答えた。確かに、山渕に『メンを打たれた』と思ったのだが、同時に放ったコテの方に旗が上がったのだ。
「なんで、あそこからメンが打てたんや! オレには出来へんで」
「あの抜き胴は最高やで。足捌きがええんやな。スッと横へ動いたもんな」
「いやいや、あの二段打ちが良かったで。むっちゃ早いし、打ちが強かったから、オレは除けられへんかったで」
お互いの健闘を讃え合った。そんな様子を、横からジッと見続ける熱い眼差しがあった。その主はマネージャーの長岡奈々子であった。


  

つづく


今年も夜空を飾る花火大会が近づいてきました!どこのを観に行こうかな?
CIMG1133.JPG


posted by はくすい at 16:06| Comment(0) | 虹のかなた