2018年05月01日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ㉞

その一 異郷の空へ㉞
 

あくる朝、痛い体を押して起床した。母にはおくびにも出さず、平気な顔をしていた。そして海山道場(勝手に名付けた)へ出掛けた。もう、初日の様な甘えは許されないと自覚した。勿論、水筒も用意したのである。
 今日は作業目標があった。荷物を全部片付けるのだ。そうしないと次の計画が進まないのである。けれど一人の一馬力にも満たない小さな力なので、汗の量と作業量とは比例せずに、時間ばかりがドンドンと過ぎて行った。
 本の束を運ぶ途中であった。ふと、つまらぬ思いが蛇のように、心の中にニョロニョロと鎌首を持ち上げてきた。
『こんなしょうもない事をやっていて、本当に道場が出来るのやろうか』
昨日は大きな荷物をあらかた片付けたのだが、本当は半ばウンザリとなっているのだ。何か自分は、飛んでもない物に手を染めたのではないか。埃の溜まった床面も、剣道が出来るかどうか分からない。そう思って立ち止まると急に両手の力が抜けた。そのとたん、本が足元に散ばって落ちた。
『こんなシンドイ事は辞めてしまおうか。今やったら、誰にも迷惑はかかれへん筈や』それが一番簡単で楽な方法だ。夏休みだから誰も知らないし、苦しい事や辛い事など、自分一人でする必要はないのだ。
『そうや。こんなシンドい作業なんか、辞めたらええのや』一人の二郎が囁いた。すると、すぐにもう一人の二郎が叫んだ。
『アカン! 初心を貫いて、剣道場を作るんや! 』二ツの思いが交錯した。モヤモヤとした気分に心が揺れた。
 だが、埃にまみれ切り傷が付いた両手を見て、ハッと気付いた。
『アカンのや! 昨日、小父さんにスイカをご馳走になり、励まして貰ったではないか。辞めてしまえば、その期待を裏切る事になる。その上、人間としての値打も無くなってしまうのだ。自分の夢を達成する為にも、やり抜くしかないんや! 』そう強く自分自身に言い聞かせた。そうなのだ、ここで挫折してしまうのなら、初めから手を出さなければ良かったのだ。そんな自分を恥ずかしいと思った。
 

  

つづく



我家の双子も進学と就職ですが二人とも5月病です(^^;
IMG_4424[1].JPG

posted by はくすい at 16:04| Comment(0) | 虹のかなた