2018年03月20日

行って参りました!『田伏 勉氏クレパス画展』

先日、3/17(土)少し肌寒いがお天気の日に、窯業科の大先輩と『田伏 勉氏クレパス画展』を観に行ってまいりました。
ちょうど田伏氏も画廊に戻って来られ、高校時代共通のお話に(恩師や校舎など)花を咲かせました。

田伏氏の絵は優しく、フランスの駅や建物・人物を題材としたものが多く素敵でした。

IMG_3887[1].JPG



(上)田伏氏が在学中(高校3年)に描かれた作品
(下)1989年大正区役所前の大正会館に大正ライオンズクラブ(泉工OBから在籍)寄付

IMG_3916[1].JPG

posted by はくすい at 13:43| Comment(0) | ご報告

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ㉓

その一 異郷の空へ㉓
 

教室を出て運動場の方へ行ってみた。さすがに田舎の学校である。樹木の種類が多いのも特徴で、桜やポプラの並木もある。深い緑の葉影が、目に入る陽光を和らげてくれていた。大きく息を吸い込むと、胸の奥深くまで澄んだ空気が届くような気がするのも、不思議ではなかった。
 通用門のすぐ横に体育館がある。カマボコ形で大きく、木造とは言え、堂々たる建築物である。その体育館の壁にはクラブ活動予定の、大きな掲示板が取り付けられてあった。だが、その中に『剣道部』という項目はなかった。つまり、この海山高校の部活の中には、剣道部は存在しないのだ。
 放課後、担任の安田先生に尋ねてみた。先生は、剣道部は以前には存在していた、と言った。だがそれも部員は皆無で、名前だけの存在だった。そして五年ほど前、生徒会の決定により、廃部となったとの事であった。
 
 終戦後、日本に進駐して来たアメリカ軍のGHQにより、剣道の禁止令が出された。柔道や空手よりも、『剣道イコール大和魂』と、青い目の人々に受け取られていたのだ。それで、それまで剣道を支えて来た、長い歴史を誇る大日本武徳会が解散させられてしまった。
 しかし、日本全国の剣道を心から愛する人々は、そんな理不尽な圧力には決して屈しなかったのである。だからこそ昭和二十二年頃になると、大阪市内の有名な製薬会社の社長が自ら音頭を取って立ち上がり、広く同好の志を募ったのだ。そして、経営している会社の一部に道場を建設して解放し、稽古を始めたのであった。それ呼応するかのように、各地で剣道熱が高く盛り上がり、剣道場の復活が一度に増えたのであった。
 
  

つづく



小雨の中、母校の入学発表日でした

IMG_3912[1].JPG
posted by はくすい at 13:13| Comment(0) | 虹のかなた

古賀学級2時限目

昨日は大阪市立小学校の卒業式でしたので、朝から出張着付けで甥っ子の自宅へ・・・
午前中、雨がもってくれて良かったです!

卒業式の後は入学式、65年前の懐かしいお写真をup致します。

昭和30年3年の進級記念写真 A科1組  担任:古賀剛先生  37名中10名物故者

IMG_E3844[1].JPG


クラスより3名教職に就く 
前列右より2人目:疋田敬一氏(三田学園高等学校教頭)
3列右より2人目:岩井鉄也氏(寝屋川、四条畷、他勤務)
4列右より3人目:小城盛親氏(母校勤務)











posted by はくすい at 13:01| Comment(0) | 通信だより