2020年04月09日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(65)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(65)
 
咲丘公介の葬儀は、町の中程にある寺で行われた。沢山の人々が会葬に訪ずれ、狭い寺の境内は黒一色で埋め尽くされたのであった。
 斎場への送りを済ませると、里子は言葉少なく、何かに惹かれるようにして大阪への汽車に乗った。
「お母はん、元気でな。無理をせんと、体には気ィ付けるんやで」
窓から見える母に、手を振りながら言った。
「おおきに。お母さんの体は丈夫やから、心配せんでもええのよ」
母はニッコリと笑ったつもりだろうが、その顔の表情は固く強ばったままだった。動き始めた汽車を見送りながら、
「ホンマに、大丈夫なんやろか・・・」
一抹の不安が胸中をよぎった。
 「山ノ上さん、大変ね・・・。おじいさんは亡くなったし、ご両親は大阪やし、一人で何もかもやってるんやから、気が休む暇がないでしょう? 体が疲れているのとちがう? 大丈夫なの?」
帰りのバスの中で、真実子が眉をひそめて言った。それほど二郎が心配なのだ。家が隣だとはいえ、手が出せない彼女は気掛かりなのである。
「うん、おおきに。ボクはそんなん平気や、なんともあれへん。あさっては練習試合や。出島商業には負けへんでェ。こっちには剣持先生から習った技があるもんな。草山さんも、頑張ってや」
「うん・・・。けど、山ノ上さんは気が強いわねえ。こんな時でも、練習試合のことを考えているなんて」
「気が強いのとは違うよ。問題が別やから、別々に考えてるだけや」
「そう・・・。それやったら、アタシも頑張る。出島商業に勝ってやるわ」
「そうそう、その意気やで」
バスを降りてから、真実子を家まで送った。自分は伯父宅まで食事に行くからである。家の前で立ち止まり、彼は
「草山さん。色々とありがとう」
そう言って右手を差し出した。真実子は恥かしそうに握手をした。
「さよなら」
「おやすみなさい」
家の門灯が、ほんのりと光っていた。

  

つづく


緊急事態宣言で時間が止まっていますが、季節は春です
IMG_6032[1].JPG


タラの芽の天麩羅❣
IMG_6034[1].JPG
posted by はくすい at 15:31| Comment(0) | 虹のかなた

『 それぞれが自身をしっかり守っていくに尽きると思います!』M38泉谷忠成

『コロナ、あまりにも急な変化で世の中騒然としている時、それぞれが自身をしっかり守っていくに尽きると思います!』


先日岐阜のアパレルメーカーの社長さんから久しぶりのお電話を頂きました。大手の量販店・衣料品店がどこも厳しく、その中で会社も厳しい環境の中、何とか継続維持しているとの事、社長さんは体調を悪くし奥様と社員の方達が会社を継いで頑張っている、お取引先からは価格下げの要求、更に掛け率も厳しく悪戦苦闘、とても新製品・商品開発どころではないとの事でした。
お電話を頂いたお取引先は私が中国と初めての商談(1979年2月)の時に型紙(パターン)を作って頂いて、中国に持参し商談、大ヒットした大恩ある取引先です。その会社は当時、ブラカップ付きリゾートドレスを開発(泊まり込みで素材・デザイン選定等、共にした懐かしい思い出の会社です)、大ヒットしていた事もありました。その後、会社は中国生産を引き継ぎ現在に至っています。

お電話の中で厳しい環境の中にあっても納得のいくものをお客様に提案したいと考えるなら、商い額は減っても思い切って自分のお店を直接出店する事も、考えざるを得ないのでは? と、生意気なことを言ってしまいました。大阪の私の友人のニットメーカーの社長さんの例を引き、その社長さんは早くからその事を察知、小売店への卸販売はやめ生産したものを直接自社販売に切り替え、現在大阪府下などに数店舗出店して、納得のいくものを生産・販売、更に着実に出店を計画、頑張っておられるお話もさせて頂きました。又、お電話を頂いた社長さんの友人で、同じ岐阜の会社はネットでブランド政策を前面に出し、常に新しい物を提案、幅広く活躍され企業を拡大している事も!
世の中は常に変化をしています。変化に対する柔軟性が発展と進化成長を生む、ですね!
普段着など実用的なものは価格を意識せざるを得ない、昨年と変わらないものであれば価格訴求でしかない、ファッションメーカーを目指すならば、常に新鮮で個性的、おしゃれの追求、ですね!



公園の花たちも元気よく咲き誇っています
風のたより.jpg


posted by はくすい at 15:19| Comment(0) | 後輩たちへ

2020年04月07日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(64)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(64)
 
夜遅く母が帰ってきた。もう、午前の零時を廻っている。
「二郎ちゃん、ただいま。遅くなってごめんね。これでも、精一杯早く帰ってきたつもりなんよ。大阪は遠いわねえ」
「お母はん、お帰り。大変やったやろ・・・」
「そんなことないわよ。平気やわ、これぐらい」
母親の顔を見て、『オヤ? 』と気付いた。
 ついこの前、大阪で会った時とは、まるで様子が違うのだ。相当に疲れが溜っているように見えた。勿論、父親の死に直面しているのだし、暗い電球の下だから余計にそう見えるのかも知れない。だけど、顔色は悪いし、表情は固く重苦しい。急に顔のシワが増えたようだ。たった十日足らずの間に、これ程までも変わるものなのだろうか。
「お父さんがねえ、大変悔しがってはるのよ。まだ歩かれへんよってに、お義父(とう)さんの葬式に出られへん。こんな悔しいことはないって・・・」
里子が溜息まじりに言った。その声が妙に沈んでいる。いつものあの快活さは、まるで見えないのだ。
「なにか、悪いことが起こらなければ良いが・・・」
ふと、不安な気持ちになった。

  

つづく


明日の入学式は緊急事態宣言で中止↷飾るはずだったお花を分けて頂きました。
IMG_6028[1].JPG
posted by はくすい at 15:59| Comment(0) | 虹のかなた