2019年05月16日

気まま旅『 その壱〇 静岡県一 浜松 』M38泉谷忠成

『 その壱〇 静岡県その一 浜松 』 

静岡県浜松では私の好物でもある「鰻」、あまりにも有名ですね。今回は「鰻」について、少々。
関西風のうなぎの開き方は、「腹開き」。
これは、商いで栄えた大阪ならではの文化で、商人同士の「お互い腹を割って話そう」という心意気が、うなぎの開き方にも表れたとされています。更に頭を付けたまま焼くことが多いですね。
関東風のうなぎの開き方は「背開き」です。
こちらも、武士の世界として栄えた歴史の流れが汲まれているようです。武士にとって、「腹開き」は切腹を連想させることから敬遠されました。
関東風の「背開き」は、身崩れせず腹部の脂をしっかりと焼き落とすことができ、更には蒸すことで脂がしっかりと落ち、皮が箸で裂けるほど柔らかくなります。蒸すことで、トロっとした食感も楽しめます。そこまではいいのですが、名古屋以東は関東風の焼き方、岐阜県以西は関西風の焼き方が主流を占めています。
感性の分かれ目とまでは言わないものの、何か不思議を感じます。
私は関西人、「腹開き」で表面の皮がパリッと、しっかりした焼き上げの「鰻」が好みですね。更に私は鰻の頭と薄口醤油、昆布出しとミリンで、少々煮込み鰻丼の出しにするのが好みです。細かく切って名古屋名物のひつまぶしにするのもいいですね。


ウナギ静岡 .jpg


posted by はくすい at 16:34| Comment(0) | 旅だより

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(17)

その二 悲しみと苦しみ(17)
 

帰る途中の汽車で
『少人数だし、指導者が居ないのだ。でもボクは、強くなりたいのだ』と、
「うわーっ、嬉しいなあ。こんなん貰うのん、オレ、初めてや。片山さん、大事にするで! おおきにっ! 」
苅川は大袈裟に喜んだ。本当に嬉しかったのであろう。女の子の手作りの物を手にするなんて、初めてであったのかも知れない。
 食事後、妹の京子を加えてトランプ遊びをしたり、剣道談義などに花が咲いた。そして楽しい時間は、アッという間に過ぎたのである。
「今月の末には昇段試験があるぞ。明日から稽古をみっちりとせなアカンのやで。みんな、分かってるな! 」
年長者らしく浦山が座を締めた。
「そうや、あしたからまた頑張ろうな! 」
全員が顔を見合わせ、お互いに確認しあった。


  

つづく


お天気にも恵まれ
IMG_3166[1].JPG
posted by はくすい at 16:29| Comment(0) | 虹のかなた

2019年05月14日

「パサージュ」について M38泉谷忠成

「パサージュ」

今回は話変わって、パサージュについて少し。先日BSTVの旅行番組の中でパリのパサージュが紹介されていました。私はS/Cの中での専門店を開発する時、商品開発と同時にファサード(フランス語で「通過」や「 小径」)、その中でのお店造りをどの様に持っていくか悩みました。

楽しくなければ誰も来て頂けない。
お店の前にも立ち寄っても頂けない。
出来上がった専門店街に入居するには条件を合わせて行くしかないのですが、新しくS/Cを開発する時は、イメージ提案、場所取りに大変でした。
出店の際は、先ずお店の前を通って頂けるレイアウトになっているか、次にお店の前で立ち止まって頂けるポイント造りをどの様にしていくか(観葉樹ガジュマルorベンジャミンor造花は、などなども)その上で店内に足を踏み入れて頂ける、そして心わくわくの商品を手に取ってお買い上げ頂ける(とどめはやはり「心わくわくの商品」ですね、ウィンドーズショッピングで終わらせないために)。
大きくいいかえれば、全てがマッチング、街づくりから始まって商品をお買い上げ頂くまでのトータルコーディネートといった所でしょうか!

※参考に
アメリカのS/Cの基本は合理的。目線が低く見通しが良く、通路の正面は非常口(最近はどの様になっているでしょうか?)。
日本のS/Cは幾分目線高くボリューム感を持たせる、更にレイアウトは亀の甲など通路の正面は売り場、見せ方重視が多いですね。




パリのパサージュ
パリのパサージュ.jpg

posted by はくすい at 13:10| Comment(0) | 後輩たちへ